薔薇の滴は妊娠中に飲んでいい?

薔薇の滴は妊娠中に飲んでいいの?

薔薇の滴(しずく),妊娠中

 

口臭対策や女子力アップ効果で口コミで人気の薔薇の滴ですが、妊娠中は飲むのを避けたほうが良いでしょうか?

 

薔薇の滴の主な成分はブルガリア産のローズオイル。

 

このローズオイルは 一般的に妊娠中は使用をしないほうが良いとされています。

 

これは アロマテラピーではローズオイルには子宮に働きかけて生理不順などをサポートする いわゆる通経作用がある、と考えられているためです。

 

そのため、妊娠中の女性のケアではローズオイルを使わないようにしたほうが良い、とされているのです。

 

実際に ローズオイルを使ったからお腹の赤ちゃんに大きな影響があった、という例はほとんどないようですが、そう聞くとやはり心配ですよね。

 

それに妊娠中は何かとデリケートな時期です。

 

いつもなら気にならない些細な事でも 妊娠中には悩みになることもあります。

 

ですので どうしても薔薇の滴を使いたいという場合は、まずはかかりつけ医に相談してからにしましょう。

 

 

妊娠中は何かと変化のある時期

 

薔薇の滴(しずく),妊娠中

 

妊娠中は女性ホルモンが急激に変化します。

 

そのため、普段とはお肌のコンディションなどが大きく変わってしまう時期でもあります。

 

今まで使ってきたスキンケア製品が急にお肌に合わなくなったり、ニキビが出来てしまったり、ということもごく普通に起こります。
また、食の好みが急に変わったり、つわりなどの影響で 通常とは違う食生活を送るという方も多くいます。

 

ですから妊娠前に飲んでいて大丈夫だった薔薇の滴が 妊娠中は合わなくなったりする、ということも十分考えられます。

 

薔薇の滴は 出産後落ち着いてからまた始めるというのがベストではないでしょうか。

 

薔薇の滴は お休みや解約なども気兼ねなくできますので そういう点でも安心です。

 

詳しくは当サイト内 薔薇の滴の解約方法について をご参照ください。

 

妊娠がもたらす体のさまざまなな変化により 口臭や体臭が 今まで以上に気になるとい場合もあるでしょう。

 

気になる場合は まずはお医者様に相談してみましょう。